スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)

 日本相撲協会は11日、現役力士数人から、過去に野球賭博へ関与したことがあるとの自己申告があったと発表した。

 近く、理事会で処分を検討する。

 相撲協会は、「大関琴光喜が野球賭博にかかわって暴力団関係者とトラブルになっている」と週刊誌に報じられたことを受けて調査したところ、報道された以外の力士から、賭博をした事実の報告があったという。協会は「これまでの相撲協会が、賭け事に対する認識が甘い体質であったことから、彼らが軽い気持ちで手を出したものと認識している。甘い体質を容認してきた責任を感じており、そのような体質を一掃することを決意している」とのコメントを出した。処分内容については「自発的に申告してきたことを、情状として酌む方向で考えている」としている。

<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)

福島党首が会見へ=社民(時事通信)

 社民党は28日夜、福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が午後8時15分から党本部で記者会見すると発表した。米軍普天飛行場移設に関する政府対処方針への署名を拒否し、罷免されるのを受けて、今後の党の対応などについて明らかにする。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 (産経新聞)
両陛下が全国植樹祭にご出席(産経新聞)
神戸空港で水着のファッションショー(産経新聞)
<掘り出しニュース>宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」の後押しで参拝増加(毎日新聞)
国道の側溝に男性切断遺体 新潟・村上(産経新聞)

お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)

 都内の名所をめぐって新たな魅力を発見する「TOKYOウオーク2010」(共催・産経新聞社、特別協賛・ライオン、協賛・アシックス)の第1回大会が22日、お台場エリアで行われた。夏日となったこの日は2539人が6〜20キロの3コースに分かれ、潮風に吹かれながら歩いた。

 6キロコースを小学3年の長男と歩いた目黒区の佐藤明子さん(40)は「道も歩きやすく親子で楽しめました」。11月20日まで計5回開催される。次回は6月19日の浅草・両国エリア。

 

全頭殺処分、地元は困惑=県知事「やむを得ない」(時事通信)
参院定数を40程度削減=民主、参院選公約で明記へ(時事通信)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
<傷害容疑>床にたたきつけ1歳長女重体、21歳母逮捕(毎日新聞)
カンボジア国王迎え両陛下が宮中晩餐会(産経新聞)

<口蹄疫>殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省(毎日新聞)

 宮崎県で頻発している家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の問題で、殺処分対象の牛、豚計7万8800頭(13日午前現在)を埋める場所として、概算で約16ヘクタールが必要なことが13日分かった。場所は既に一部確保され、5月12日現在で約3万9000頭の殺処分を終えた。衆院の農林水産委員会で佐々木隆博農水政務官が明らかにした。

 また、移動制限区域内で感染の疑いのない牛や豚を予防的観点から殺処分する超法規的な措置について、赤松広隆農相は参院の委員会で「今の法の下で、健康な牛や豚を殺すことはできない」と否定した。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:宮崎の2市町で新たに確認 35例目
口蹄疫:1例目ウイルスはアジア地域と近縁 農水省が確認
口蹄疫:宮崎で12例目 川南町で新たに確認
口蹄疫:11例目疑い 宮崎

野口さんが宇宙授業=子供ら6人に−筑波センター(時事通信)
「GReeeeN」の街にグリーンカレー(読売新聞)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)
新橋演舞場 櫓のお披露目式 歌舞伎座建て替えで 東京(毎日新聞)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)

子ども手当、早くもほころび 実績優先、性急な立案(産経新聞)

 子ども手当をめぐり、兵庫県尼崎市に住む韓国人男性が、養子縁組したと称する554人分を申請しようとするなど制度の混乱ぶりが露呈している。こうした事態は当初から予測されていた。子ども手当の審議時間は衆院でわずか14時間。民主党のマニフェスト(政権公約)に記述された政策だが、そもそも少子化対策として人口増に有効なのか、それとも経済対策なのか。政策の基となる思想的な背景や必然性、有効性など根本から議論を尽くしたとは言い難い。

 夏の参院選に向けて実績作りを急ぎたい民主党の思惑から、政策立案は性急だった。審議会などに諮るこれまでのやり方も「政治主導」の名の下に否定され、従前からあった児童手当の制度を下敷きにする安易な手法が取られた。

 この結果、制度施行時に予測される混乱など具体的な想定が不十分で、成立直前に齟齬が次々に噴出。例えば、海外に子供が大勢いて、日本で働く外国人が支給対象となる一方で、日本に子供を残して海外に赴任する日本人家族は支給対象から外された。こうした理不尽にも「児童手当がそうなっていたから」(厚労省)と前政権への責任転嫁で済ませ、意に介さない回答が目立った。児童手当と子ども手当とでは予算の枠がそもそも違いすぎるなかで、財源の議論も不十分だった。

 通常、行政の窓口対応を均一にする準備のために不可欠な「周知期間」もゼロに近かった。ほとんどの世帯に波及するこれほどの施策を3月に可決して6月には「支給」する性急さに加えて、混乱に拍車をかけているのが厚生労働省が外国人の養育状況の確認を厳格にするために出した「局長通知」だ。

 これまで、海外の子供とメールでやりとりしていれば児童手当の支給対象になっていた自治体もあった。子ども手当の支給にあたっては「子供との面会を年に2回課す」などの新条件で全国の窓口対応を統一する−という通知だが、その場しのぎに批判回避のために出された印象は否めない。

 子供の養育を確認する書類の書式が国によってバラバラで、書類そのものがない国もある。提出された外国語の証明書類の真偽をどうやって確かめるのか、といった課題も残る。「政策の体をなしていないデタラメなばらまき策」(自治体関係者)といった声も聞かれる。(安藤慶太)

【関連記事】
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
子ども手当に外国人殺到、自治体職員怒りの声
子ども手当の満額支給に慎重論 政府・民主のマニフェスト企画委
お母さんたちも「子ども手当」に異議! 再審議求めデモ
子ども手当2万円に減額も 民主・玄葉氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

迎賓館、7月末から一般参観(時事通信)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
高さ制限枠にトレーラー突っ込む、後続車の男性重傷 大阪・谷町筋(産経新聞)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)
民主・生方氏、高速料金めぐる混乱 「党政調の復活が必要だ」(産経新聞)

<大極殿>平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典(毎日新聞)

 奈良市の平城宮跡に復元された大極殿(だいごくでん)の完成記念式典が23日午前、同宮跡であり、皇太子さまや荒井正吾・奈良県知事ら約220人が出席した。平城遷都1300年祭のイベントが同宮跡で始まるのに合わせ、24日から一般公開される。

 大極殿は奈良時代、天皇の即位など国家的儀式が行われた平城宮跡の中核的建物で、文化庁が01年度から復元整備を進めていた。

 式典で、皇太子さまは「大極殿が平城宮跡のシンボルとして親しまれ、我が国の文化の振興に寄与していくことを期待します」と述べられた。【阿部亮介】

大幅修正なら総選挙を=参院選民主マニフェストで−東国原知事(時事通信)
<国会見学>人気は参院に軍配 規制響き衆院は横ばい(毎日新聞)
「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻−政府答弁書(時事通信)
皇太子さま 平城遷都1300年、復原の第一次大秘殿完成式典ご出席(産経新聞)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)

ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)

 オーロラを待ち続けて5日。降り続いた雪がようやくやみ、星空が広がった。暗闇に目をこらしていると、うっすらとオーロラが現れた。やがて小さく揺らめき始め、雲も透過するほどはっきりとした姿に変わった。気が付くと、天空全体が薄緑の神秘的なカーテンに包まれていた。

 ノルウェーのトロムソは、北極圏最大の町。オーロラ帯の中央に位置する、オーロラ観測に最適な場所としても知られる。温暖なメキシコ湾流の影響から、冬場でも平均気温はマイナス5度と暖かい。

 オーロラの発生には、太陽の黒点が密接に関係している。黒点が多い年は、オーロラが現れる回数も多くなる。オーロラの発生は11年周期になっており、今年が観測のベスト・イヤー。日本からもチャーター便が就航するほどで、トロムソは“オーロラハンター”たちでにぎわっていた。

 「どうでしたか? 見えました?」。ダイナミックに繰り広げられた“オーロラショー”の後、ホテルに戻るとトモコ・ハンセンさん(66)が熱いコーヒーで迎えてくれた。

 トモコさんは佐賀県唐津市の出身。ノルウェー人の夫と日本で知り合い40年前、トロムソに移り住んだ。ホテルのロビーにあるバーで、日本人観光客の相談相手を務める。気さくなトモコさんだが、オーロラツアーから戻った人たちに結果を聞くことはほとんどない。「見えれば自分で報告に来るし、何よりうれしそうな表情で分かります」

 地元の人たちにとってオーロラは、日常的な光景で興味の対象ではないという。それでも「ふと夜空を見上げたときに輝くオーロラは、何度見てもきれい」と、トモコさんは目を輝かせた。

 遅い春が訪れオーロラのシーズンが終わると、北極圏は白夜の季節を迎える。“夜空の主役”は、9月末までは太陽が務めることになる。(写真報道局 大山文兄)

 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経新聞社ビジュアルサービスTEL03・3275・8775(午前11時〜午後7時)。ホームページはhttp://www.sankei−syashin.com/

【関連記事】
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」
黄葉と白銀 奇跡の“共演” 長野県富士見町「立場川橋梁」

頭部も女性会社員=DNA型が一致−福岡県警(時事通信)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
明石歩道橋事故 聴取を元副署長に要請 検察官役弁護士、全面可視化で(産経新聞)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)

「政権取ったから」 小沢氏、両親しのぶ会開催(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が18日、地元の岩手県奥州市で父の故小沢佐重喜元衆院議員と、母のみちさんの「しのぶ会」を開く。

 会場は小沢氏の自宅に近い水沢体育館で、参列者は同氏の後援会幹部や一般支持者ら数千人規模になる見通し。夏の参院選で改選を迎える民主党の工藤堅太郎、主浜了両参院議員らも焼香する。

 小沢氏は12日の記者会見で、両親の「しのぶ会」を開く理由について「政権をとるまでは仏さんに勘弁してもらおうということで礼を欠いてきた。政権をとったので仏さんへの報告やら、供養やらをかねて行う」と述べた。

井上ひさしさん、鎌倉にも大きな足跡(読売新聞)
家具厚生年金基金の元理事ら700万円収賄で逮捕 (産経新聞)
精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動−日精協・山崎新会長(医療介護CBニュース)
シーリング復活を検討=来年度予算編成で−財務相(時事通信)
<ISS>宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動(毎日新聞)

阿久根市議会、特別委に再び課長が出席拒否(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市議会の総合計画特別委員会が7日、開かれた。

 しかし説明を求められた課長は出席せず、特別委はこの日の審議を打ち切り、散会した。

 竹原信一市長(51)らが出席や説明をしなかった新年度予算案に続いて執行部が説明を拒否する事態となった。

 市総合計画は今年度から10年間の市政の基本構想を示すもので、地方自治法で策定を義務付けている。市長は2月の市議会初日に提案し、市議会は総合計画特別委(15人)を設置して今月7日以降、各課長らへ説明を求める予定だった。

 議場では、審査方法を巡り、反市長派と市長派の市議同士が激しく口論する場面もあった。委員会は12日に再開することを決めた。

 同市議会では、3月の予算特別委員会などでも各課長らが「市長の命令で説明できない」などと答弁を拒否するケースが相次いだ。

<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
平沼氏、参院選10議席目標=公約に消費税10%明記−園田氏(時事通信)
神崎元公明代表、議員辞職(産経新聞)
輸血ミス後患者死亡 阪大病院 B型女性にO型投与(産経新聞)
佳子さま 高等科の入学式に出席(毎日新聞)

地元・大阪の客呼び込め 「フライ」デーは新世界へ(産経新聞)

 ■商店主らタッグ、串カツ限定値引き

 串カツ目当ての観光客らでにぎわう大阪市浪速区の新世界で、週末に地元・大阪の人たちを呼び込もうという集客作戦が盛り上がりをみせている。キャッチフレーズは「金曜日はフライデー」。地元商店の若手の会が揚げ物(フライ)と金曜日をかけて命名、14軒の串カツ店が金曜日限定の値引きサービスを始めた。商店主らは「『仕事帰りの一杯を新世界で』という人が増え、街がもっと盛り上がってくれたら」と期待を寄せている。

 新世界の串カツ店は、ここ10年ほどで急増し、現在は約30店舗が軒を連ねる。人気の老舗や派手な看板を掲げる店などさまざまで、今では通天閣と並ぶ新世界の代名詞となった。

 串カツ人気とともに、観光客も増加。家族連れやカップル、外国人らが昼間から目当ての店を探して歩き回り、人気店には長蛇の列ができている。

 一方で、「観光客に比べて大阪の人たちが少なく、寂しさを感じていた」。新世界の商店の若手らで作る「新世界援隊」の副代表、近藤正孝さん(46)は、最近の新世界についてこう話す。

 近藤さんらは、地元の人たちにも新世界を利用してもらおうと昨年8月、毎週金曜日を「串カツの日」に制定。大阪を中心に活動している女性音楽グループ「OSAKA翔GANGS」を起用したポスターやチラシを作製し、配布するなどの活動を続けてきた。

 さらに、新世界の串カツ店14店舗が今年2月から、通常100〜150円程度の串カツを、毎週金曜日には一律「94円」にする「94(くし)祭」サービスを始めた。↓ 串カツ店「横綱」の徳丸博之店長(25)は「串カツブームでお客さんは多いが、地元の人たちに来てもらわないとにぎわいは長続きしない。サービスを始めてからは、仕事帰りの人たちも増えているので、このまま盛り上がってほしい」と手応えを感じている様子。

 近藤さんは「街全体で大阪の人を呼び込み、キタやミナミのように人が集まる場所になってほしい」と話している。

森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)
元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)
営業停止無視、客に再び食中毒…大阪の料理店(読売新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
カードでお金
出会いランキング
ライブチャット
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    カドルト (01/08)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    サキューン (01/01)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    こういち (12/27)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    まろまゆ (12/23)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    ヘッド (12/07)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    れもんサワー (11/22)
  • 現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
    ぱたぱた (11/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM